共済割戻金

今年も

共済さんから

割戻金の案内が到来しました。

 

一旦預けた掛金。

実際に支払われた共済金。

預かり過ぎが発生したら

戻して頂ける、という仕組みです。

 

総合保障2型は

掛金が 2,000円。

割戻金は31.34%。

ですので

実質の掛金は

1,300円余り、という事になります。

 

 

当社では

公的保険

民間保険、さらに、各種共済の組み合わせ

サポートしています。

 

良いところ取り。です。

2021年7月5日 12:24 PM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

がん医療における遺伝子検査_ご相談される前に予習としてお読み下さい

https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/genomic_medicine/gentest01.html

国立がん研究センター がん情報サービス

がん医療における遺伝子検査

 

限られた面談時間。

エントリーの際は

事前に知っておいていただくと良いこと

ご案内しています。

可能でしたら

どうぞお目通しの上、当日お越し下さい。

2021年6月16日 12:38 PM | カテゴリー:ご相談の前に,当社のサービス,FP情報 リスクと保険

個別面談お申込

 

HP右上にございます

こちらのアイコンからお進み下さい(^^

 

昨夕

随分と以前に

保険見直しでご相談くださった

懐かしいクライアントさまから

お電話。

 

 

年数も経ったので

今一度、と

色々と資料などを取り揃えられたそうですが

結局

余計に解らなくなった!?

ということで

ご相談依頼でした。

 

 

そうですね・・・

 

専門用語に加え

どれもこれも

それが必要!と書いてありますし

もしくは

そんなもの要らない!

という逆説もあったり。

 

 

持論ですが

保険に

いいも悪いもなく

大切なのは

ご自身に合っているか否かの方が重要です。

専門用語では

「適合性の原則」

と言います。

 

そして

適合しているか否か?

を判断するためには

収支・保有資産・今後のライフイベント

最低でも、この情報は必要です。

 

実は

目の前に幾つか並べて

どちらが高い安い、

私は

大義を成さない、と思っております。

 

要らないものを

安く手に入れても

そもそも

無駄ですから。

 

 

 

真剣に取り組みたい方

あの時聞いておけば

もっと早くに聞いておけば

になりたくない方

 

どうぞ

門戸を叩いて下さい。

 

 

#お金のことを考える時間を無くす為のファイナンシャルプランニング

#SDGs藤オフィスの取り組み[4]質の高い教育を皆んなに

📸

12:30 PM | カテゴリー:オフィスの出来事,FP情報 リスクと保険

「保険で直せる」が加害者に

読売新聞朝刊より

当社会員さまは

日々

私からの情報発信(FPレター・オンラインサロン・LINEグループ)で

感覚を研ぎ澄ましておられるので

言わずもがな、かもしれません。

 

実際

非会員さまからは

時折、お尋ねいただくことがあります。

 

「火災保険に入っていれば、住宅、直せると聞いたんだけど・・・。」

と。

これは

本当に、作り話ではなく

私が受けたご質問。実話です。

 

もちろん

即断、やめましょう、とお伝えします。

やめましょう、というのは

修理ではなくて

保険適用です。

 

修理するのは自由です。

経年劣化など

物、ですから、当然、修理が必要な時期が来るわけですから

直すのは自由です。

 

ですが

保険は

経年劣化を保障するものではございません。

 

災害や事故など

予期せぬ、偶然で、突発的な被害を保障するための

「助け合い」の仕組みです。

 

少し話は派生するかもしれませんが

先日

ご自身が加入される医療保険について

生涯保険料と貰える(かもしれない)金額の差が

そんなに無いかも?とご質問を頂戴しました。

唯一

先進医療に該当したならば

ある意味

「モトが取れる」。

 

お伝えしました。

 

保険は

そもそも

「モトを取ろう」

という発想がそぐわないものです。

 

何もなければ有難い。

何かあれば助け合い。

 

*貯蓄型は別です。

 

 

モトを取ろう

得をしよう

 

保険は

「助け合い」

お忘れなく。

 

得 を 徳に。

2021年5月12日 9:25 AM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

生保・損保・共済:お問い合わせ先一覧表

近年

日を追うごとに

各社ネットサービスが劇的に充実しております

紙帳票で往来するよりも

迅速! 簡便! 且つ各種添付省略可!

日進月歩で進化しております

どうぞご活用ください

 

お手元に

証券(証券番号)のご準備をどうぞ

 

📲 お電話はご本人さま限りが原則

💻 時間・曜日指定の無いweb経由、多いに便利です(^^

 

 

当社でサポート・ご案内させて頂いたことのある

各社一覧です

どうぞお役立て下さいませ

 

+++++

アクサ生命

https://www.axa.co.jp/customer/

 

+++++

アフラック

https://www.aflac.co.jp/canet/

 

+++++

エヌエヌ生命

https://www.nnlife.co.jp/customers

 

+++++

FWD富士生命

https://www.fwdfujilife.co.jp/support/

 

+++++

オリックス生命

https://www.orixlife.co.jp/customer/?oKL=14wpba1

 

 

+++++

ジブラルタ生命

https://www.gib-life.co.jp/st/keiyaku/index.html

 

+++++

セコム損保

https://www.secom-sonpo.co.jp/mypage/

 

+++++

セコム損保メディコムコンタクトセンター

https://direct.medcom.jp/med_customer_page/

 

 

+++++

SOMPOひまわり生命

https://www.himawari-life.co.jp/customer/

 

 

+++++

ソニー生命

https://www.sonylife.co.jp/contractor/

 

+++++

損害保険ジャパン

https://www.sompo-japan.co.jp/covenanter/

 

+++++

東京海上日動あんしん生命

https://www.tmn-anshin.co.jp/keiyaku/

 

+++++

都道府県民共済

https://www.kyosai-cc.or.jp/information/

 

 

+++++

日本生命

https://www.nissay.co.jp/keiyaku/

 

+++++

マニュライフ生命

https://www.manulife.co.jp/ja/individual/policyholder.html

 

+++++

三井住友海上

https://www.ms-ins.com/contractor/

 

+++++

メットライフ生命 

https://www.metlife.co.jp/customer/

 

2021年4月22日 2:51 PM | カテゴリー:FPワンポイントレッスン,FP情報 リスクと保険

保険見直し、今昔。

昨日、レター配信したのですが

会員さまが

ある調べ物をされるにあたり

ひとまずネット検索。

 

検討材料について

否定的な記事だったもので

どうしたものか?と

お尋ねを頂いたエピソードです。

 

 

会員皆さまから

ご質問を頂戴する際は

元の記事のURLをお知らせ頂いています。

 

拝見して納得。

 

保険代理店さんのサイトですから

民間保険以外の

共済系について

後ろ向きな立て付けでした。

 

これは

その代理店さんが問題なのではなく

例えば

お車を検討されるとき

トヨタのHPで

日産を勧めるわけがないのと同じ。

 

ということで

ポジショントークに踊らされぬ様、ご留意下さい。

 

 

さて

引き続き

新入会員皆さまの

保険見直しが続いています。

 

 

10数年前でしたら

入院の支払い限度日数の超長期を

60日程度に切り上げ

先進医療をつけて

更新ではなく、できれば短期、60歳か65歳ぐらいまでに払い終わる。

これが

スタンダードな見直しでした。

 

あれから随分と時代は変わり。

 

この数年は

そもそも

入院保険、どうする?

というゼロベースで考えております。

 

ただし

がん治療については

逆行。

ゼロベースだった10数年前

厳密には、先進医療があればだった時代から

実費型へ。

 

 

先ほど

とある

銘柄で

5,000円あまりを

15年掛けてこられた

保険に相当する運用成果を確認しましたら

290万円を超える結果が出ました。

 

掛け続け

何もなかったら

何も残らない。

もしくは

小さなリスクは

貯蓄で吸収し

いざというハイリスクだけを保険で。

あとは

殖やす。

 

 

保険見直し、今昔。

 

 

家計、保険、運用。

時代にあったメンテナンス、重要です。

2021年4月6日 5:48 PM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

豪雪

 

こんばんは まさはしです。

 

先ほど

所用があり

口座の確認をしましたら…

 

https://www.netbk.co.jp/contents/company/info/2021/mg_notice_210108_info.html

 

災害被災地域として

措置が発令されていまして

 

改めて

事の大きさを痛感しました。

 

降り積もり

少し融け

また凍る。

そんな道路は

殊更危険。

 

積雪は

一旦落ち着いた様ですが

この数日

移動は厳重注意。

 

皆さま

どうぞご安全に。

 

 

身のご安全以上に

大切な事はございません!

 

御身あってこその毎日。

 

けが、事故などない様に。

 

何卒

無事に過ごしましょう。

 

じっ、としている事も

リスクマネジメントです。

2021年1月11日 9:18 PM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

いか明太子丼(^^

 

こんにちは(^^  まさはしです。

今日は
面談人気の土曜日。

朝一から

早速、保険見直しを。

 

還付金や祝金、遠い将来の年金、、、

そのもの自体は問題ないのですが

その方、その御世帯に、適正かどうかは別。

 

ライフプランニングに合っていないと

大切な教育費

目先の支出を借りて

 

将来の還付金を待つ?という事になってしまいます。

 

 

すっきり!整理出来て良かったです。

 

 

私の宿題、再設計も完了し

隙間時間に・・・

 

 

いか明太子丼(^^v

 

 

 

九州の会員さまよりお贈り頂きました〜〜〜

 

楽しみで

朝、土鍋で炊き立ての

ご飯茶碗のまま、ご飯を持参。

 

もぐもぐ・・・

 

御馳走さまですm(_ _)m

2020年12月19日 12:13 PM | カテゴリー:オフィスの出来事,FP情報 リスクと保険

すまいのリスクマネジメント_家計の金融経済教育

こんにちは。まさはしです。

今日は
すまいのリスクマネジメント。
火災保険証券診断を致しました。

早5年前。
以前は、高額な保険料を預け、満期で戻るタイプの保障から
手元にお金を置いておかれるべきタイミングでしたので
都度払い込むスタイルに変更。

5年が経過し
家族構成や、日々の生活費、子供たちの成長具合
教育資金の目処、、、
様々な要素に変化が。

ただただ安さ追求ではなく
何が必要?が大切。
しっかりヒアリングさせて頂きました。

そして
何が必要か?が決まれば
確認ポイント3つ。

①水災
ハザードマップでハイリスクでも
・地図には顕されない高台
・基礎が一般よりかなり高い
など、要確認。
水災の有り、無し、は
保険料に大きな影響がありますから。

②地震
2011年東日本大震災以降
地震保険を付保される方が殆どです。
(当方証券診断)
本体の保険金に対し
最大50%までの設定という制限がある為に
地震以外の保障は
本来それほど必要なくとも
地震保険を元に大きな保障を設定されるケース。
対処法として
国の地震保険50%との隙間を埋める
50%費用付帯という方法がありますので
もし
50%の地震保険金額故に高額設定されている様でしたら
再検討されるのも一策かと。

③お詫び保険
失火、または、自然災害などにより
ご自身が損害を被った場合の保険。が基本。
ですが
特約により
ご自身の失火により、ご迷惑をかけた近隣の皆さまへの
お詫びの保険があります。
社によって呼称は様々ですが
・失火見舞い や ・類焼補償 等。

私の感覚では
皆さま ③については、迷わず採択されるかと。
自分が、
自分が、
というよりは
ご迷惑をかけたら、
という時の為を考えていらっしゃるかと。

今回も
密集住宅街ではないけれど
以前
強風時の火災で起きた延焼の事例を話されていました。

すまいのリスクマネジメント。
当然
保険が全てではなく
日常の安全意識が何より大切です。
保険は
マネジメントの一要因。

では
本日は
すまいのリスクマネジメントについて
でした。
今日も
最後までお読みくださり
有難うございます。

#家計の金融経済教育

2020年6月5日 3:51 PM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

労働保険

おはようございます。まさはしです。

今朝、オフィスに届いた郵便物。
労働保険更新書類一式。
もうこんな時期。。。
と、毎年思います(^^

今朝は、「労働保険って?」
についてご案内します。

労働保険は、大きく分けて、2つの機能があります。
一つ目は
私たちの雇用を安定させる為の機能。
失業した時に受ける給付や、就職を支援してもらえる、有難い制度。

2つ目は
労働災害。お仕事中に怪我をしたり、お仕事が原因で病気になったりした時に助けて頂く給付。また、万が一ですが、死亡時には、遺族が生活に困らない様に、と給付内容が定められています。

さて、ではその財源は、、、と。

雇用保険は、一般の事業であれば、私たちが頂いているお給料の3/1000 に 事業主が6/1000加えて、合計9/1000。 0.9%をまとめて、申告、納付しています。
労災保険は、私たちの負担は直接はなく、事業主が全額納めます。料率は、事業の種類によって定められています。
*厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhokenpoint/  

先日
当社会員さまとお話していた時

コロナ禍で、様々な特別給付があり
有難い。。。
でも、そもそものところ、その財源は、私たち、一人一人が担うわけで
貰えることの有り難さの反面、不安もある、、、と。

まさしく、です。

仕組みを知ることで
享受できることへの感謝と
その仕組みの一員であることの責任。

社会は循環しています。

では
今朝はこの辺で・・・

最後まで
お読みくださり
有難うございます。

#家計のパーソナル金融経済教育

2020年6月1日 11:35 AM | カテゴリー:オフィスの出来事,FPワンポイントレッスン,FP情報 リスクと保険

ページトップへ