医療は日進月歩

 

おはようございます。政橋です。

国立がん研究センター

がん患者5年生存率 発表されました。

 

5年を区切りに

転移や再発の可能性がぐんと減り

治癒の目安となるそう。

 

リスクマネジメントの一環に

保険加入という方法があります。

ひと昔前であれば

高額療養費制度の恩恵で

入り過ぎに注意、だけを喚起してきたのですが

昨今の

特にがん治療は

まず、入院しない。がん外来。

放射線すら、通院で、という会員さまご家族のお話を伺う時代です。

 

入り過ぎに注意。

から

何に入るか注意。

の時代。

 

日進月歩といわれる医療の世界。

保険も

それに合わせてメンテナンスが必要です。

 

 

もちろん!

日々の

健康管理

何より最大のマネジメント。

 

 

健康で

美しく

生きましょう。

 

 

家計について

真剣に取り組みたい方

門戸を叩いて下さいね。

 

 

#家計のパーソナル金融経済教育

#東京大手町駅直結

#SDGs藤オフィスの取組[4]質の高い教育をみんなに

〜ご予約専用サイトはこちら〜

https://fuji-office.resv.jp/

2019年12月28日 6:09 AM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

すまいの保険

おはようございます。政橋です。

 

ご相談で

今もダントツに多い

保険。

 

皆さま

医療やがん

生命に関わる分野に関心が高いとお見受けします。

 

もちろん

それは大事。ですが

もう1つ

「すまいの保険」

も忘れずに確認して頂きたいところです。

 

 

近年

甚大な自然災害が続いている事で

以前よりは関心をお持ちの方も増えたに思いますが

それでも

「どんな保険に入っているか?」

ご存知ない状態散見。

 

 

すまいの保険は

「火災保険」という種類になりますので

つい

火災に備える、と考えがちです。

実際は

火災、風災、落雷、破裂、爆発、水災・・・など

すまいに関する保障。

 

実は

火災保険でありながら

火災事故よりも

風水災(件数)が多いという統計もあります。

 

そして気をつけたいのは

保険の目的。

 

建物。家財。

それぞれに付保する事になるのですが

住宅ローン手続きの一連の流れで進み

「建物だけ」に加入、というケースも多いです。

 

そして

地震保険。

こちらは

地震が原因による損害、ですから

言い換えると

地震保険に加入していない場合は

地震による火災

地震による流失(津波)

などはカバーされませんね。

 

 

ちょっとした

入院、数日のため、、、という部分ではなく

人生、その後の住処がどうなるか、といった重篤な事態に備えるすまいの保険。

今一度

確認してみませんか。

 

 

 

ご相談

どうぞお気軽に。

https://fuji-office.resv.jp/

 

家計のパーソナル金融経済教育

東京大手町駅直結

SDGs藤オフィスの取組 「4」質の高い教育をみんなに 

2019年12月19日 6:03 AM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

保護中: FP顧問レターvol.338 万が一、交通事故被害者になったら_示談交渉とは?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2019年12月6日 2:53 PM | カテゴリー:FP顧問レター 配信ご案内,FP情報 リスクと保険

センターラインの無い道路で、、、

 

こんにちは。まさはしです。

先日

朝の通勤路。

幾つかルートがある中

ついつい

信号の無い経路を・・・

センターラインの無い道路。

 

前から

道路の真ん中を走ってくる車が。

近づくと左へ寄る?

と思いきや

突進してきます!?

 

おかげさまで

接触する事はなく済んだのですが。

怖かったです。

 

その場の常識では

0:100 の事故も

一旦事故になってしまうと

0:100 に限らず。が交通事故です。

 

センターラインが無い場合

ゼロ主張を通すには

余程のエネルギーを費やす事になるだろうと。

 

これは

信号機の無い出会い頭や

駐車場構内も同じく。

 

 

たとえ

ゼロ主張が通ったとしても

自分のストレスまでは

賠償してもらえません。

 

 

・センターラインの無い道はなるべく通らない

・信号機の無い交差点はなるべく使わない

・混んでいる駐車場は避ける

 

これもリスクマネジメント。

 

保険に入る、保険を使う、だけがリスクマネジメントではなく

防ぐ

そもそもしない、行かない

も大切な選択肢ですね。

 

 

 

どうぞご安全に・・・

 

 

 

新予約サイト好評受付中!

https://fuji-office.resv.jp/

2019年11月12日 5:53 PM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

保護中: FP顧問レターvol.317 すまいの保険

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2019年10月16日 11:55 AM | カテゴリー:FP顧問レター 配信ご案内,FP情報 リスクと保険

人の為になっているか?

おはようございます。政橋です。

台風一過の東京。
街のあちこちに
折れ木や吹き荒れた様子の葉が、、、
ちょうど過ぎ去った月曜の昼近くに到着したもので
その残像だけを見て過ごしました。

さて
今朝は、先日あった、いい話を。。。

ファイナンシャルプランナーを業にしていると
お金の損得にフォーカスした相談が
当然ながら多いわけですが

先日
保険をかけても
貰わない事に感謝している。
というお考えを頂きました。

自分がかけてきた保険料
家族がかけてきた保険料
きっと
どこかの誰か
困った時に役にたっていいる
人の為になっている
と思う。と。


す、
す、
素晴らしい!


思わず感嘆しました。


私自身
その保険料
もとが取れますか?といった視点で
お話をする事も多いのですが。

見習いたい思考回路であると共に
そうしたお考えの皆さまに応えるためにも
適正な保険商品の流通、活用
しっかりとお手伝いしていきたいと思った次第です。


#家計のパーソナル金融経済教育

2019年9月11日 10:02 AM | カテゴリー:今日の私感,FP情報 リスクと保険

同郷

こんばんは。まさはしです。

今日は

東京丸の内

明治安田生命本社で

研修会議。

研修の内容はもとより

施設が

す、ば、ら、しく❣️

明治安田の安田は

安田善次郎翁の安田。

同じ富山ご出身という事で

勝手に(^^;; 親近感です。

仕入れた情報は

会員さまと共有。

明日

レター配信しますねーー(o^^o)!

会員さまの幸せが

私の幸せ。

今日も

満タンスケジュール

無事に過ごせましたこと

心から感謝ですm(_ _)m

2019年9月2日 9:27 PM | カテゴリー:仕入れ情報,FP情報 リスクと保険

当社で保険見直しをされた皆さまへ

こんにちは。まさはしです。
8月末日。いかがお過ごしでしょうか。

先だってから
おやおや???というお声を
度重なって伺いましたもので
レターを配信しました。

現在、定期的なレターは
顧問会員さまに限っており
数年来ぶりのコンタクトの皆さまには
不通の状態もあった模様ですので
こちらでも改めて発信致します。

メールが届いていないけど
今後も
情報がご入り用
という方は
どうぞ最新のメアド、ご用命下さいませ。

http://fuji-office.com/inquiry/index.html

では
以下本文、ご一読頂ければ幸いです。

**********

当社で保険契約・見直しをされた皆さまへ  (BCCにて失礼します)

ご無沙汰しております。政橋です。

以前は、ようこそ当社を尋ねてくださり保険契約・見直しへのお取り組み大変お疲れ様でした。
ここ最近かんぽ生命不利益乗換ニュースを始め

心痛のエピソードが幾つか重なり。
どうしても黙っているわけには、、、と、ペンを取らせて頂きました。
長文となり恐縮ですがご一読頂ければ幸いです。

1)かんぽ生命の問題
私感としては「かんぽ生命に限らず日常茶飯事、散見すること」です。
正直何故?かんぽだけ、今、取り沙汰されているのだろう?と思っています。
本来、残した方が良い契約を
勧める側の都合で
見直しさせられているケース珍しくありませんし、後を絶ちません。
1990年、平成2年を境に預ける金利も、借りる金利も見事に下落続きです。
という事は保険は「預ける」仕組みですので
新しいものほど、増やす、貯めるには条件はよろしく無いわけです。基本的に。
貯蓄性が高いもの、積立型であれば見直すどころか、お宝保険とお考え頂きどうぞお気をつけ下さい。

2)複数社
最近、幾度か耳にし、驚いたエピソードです。


「複数社組み合わせて契約していると何かあったとき、文書料が2倍、3倍かかるので損をする」
「複数社あると、その内、入ったことも忘れて危険」
「バラバラだと、何かあったとき、大変になる」などなど!?


まず、診断書からご説明すると
実態は診断内容が同じ場合
どちらか一方の診断書を複写提供出来る事がほとんどです。
まして最近はその診断書すら「省略」が進み
ペーパーレス、オンラインで完結する会社が続いています。
ですので生涯に何度あるかわからない診断書料と
生涯の保険料・保障内容を鑑みると・・・
そこにカーソルを向けることが必要か?と私は思います。


仮にです。
複数の文書料がかかったとしても保険商品自体の内容が
そもそもよほど肝心。いかがでしょうか。

私たちの家にある家電製品のメーカーを統一?
自動車は、家族全員、同じブランド?
保険も然りです。
余程特別なご事情(勤めがメーカーで自社ブランド)など無い限りそれぞれのブランドの得意分野、得意商品、特性をチョイスするのは当たり前。ですね。

3)がん治療
前述 1)の通り貯蓄性の高いものについては古きを守る、が基本。
ですが一点だけ、最先端のアンテナをはるべきメンテナンスが必要と考える分野があります。
がん治療。
以前は、
1)先進医療(陽子線治療など)に対応
2)複数回、複数年の治療に対応
がポイントでした。
が、この1~2年更に留意すべき点治療方法が目覚ましく進化、加速しています。ゲノム医療、放射線治療装置メリディアン、など。
ご在籍頂いている顧問会員さまには
医師、医療関係者も多数おられまして
有難くも、医療分野について実務、現状を教示頂く機会も頂いており
がんに関しては、1年で目覚しく治療の可能性が変わる、と。

当社では、一昨年春より会員皆さまの大切な若年ご子息に向け次世代型実費治療保険を定番として進めている中
ご説明の段で、親御さまご自身も付保されたい、とご意向を頂く次第です。
がん保険だけはお宝保険の視点、1)とは違う、と捉えてください。

以上3点です。
ご縁あって当社にご用命下さった皆さま
セールストークに惑わされ「不利益な見直し」に遭われる事のなき様
さしでがましくもご連絡でした。
以前、当社でお手伝いしました契約については当然ながら 
 ■契約内容再確認  
 ■各種給付、変更等手続き
サポートお承りしております。いつでもご用命ください。

金融庁は日本を「金融立国」にすると宣言しています。   
*2017/4 森金融庁長官講演 https://www.fsa.go.jp/common/conference/danwa/20170407/01.pdf
フィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)が浸透するのは一体いつなのか、、、
環境が変わる事を待っている間に不利益を被っては大変。
私たち自らの金融リテラシーを向上させるが近道!
どうぞお気をつけ下さい。

私が、現在保険取扱者・証券外務員として登録・在籍していますFPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズhttp://www.fp-ac.co.jp/network/group/ では、お預かりの保険契約者皆さまに向け「暮らしの中のお金情報、メールレター」を配信しています。
もしご希望があれば
登録させて頂きますのでこのメールに「レター希望」返信でOK。どうぞご用命下さいませ(^^v

保険の分野から、少し外れますが
今月、住宅ローン金利の特約期間更新を迎えた会員さま。
当初受けられた更新提案交渉サポートをさせて頂き昨日、向こう6年間で数十万円の返済額削減確定です。
金融経済は、まさしく、

「知る、知らない、」が価値

となります。

何か、ご入用のことがあれば何なりとご用命ください。
*家計全般、ライフプラン、資産運用に及ぶ場合は課金相談となります。http://fuji-office.com/flow/index.html*全国どこからでも参加出来る、オンラインスクールも好評開催中です。http://fuji-office.com/masahashi-info/recommend/

では本日は、長文となりましたが最後までお読みくださりありがとうございました。

残暑のお疲れなど無き様どうぞご自愛下さい。皆々様の御健勝をお祈り申し上げます。

2019年8月31日 1:20 PM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

ネット申込

ネット申込

始まったとの事。

これは便利^_−☆

2019年5月25日 11:01 AM | カテゴリー:FP情報 リスクと保険

保険の見直し

こんにちは。まさはしです。

いよいよ長かったGWも終わり
今日から
お仕事!という方、多いかと存じます。
気を引き締めて参りましょう!

さて
最近感じていること。

私が
FPの世界に足を踏み入れたのは
保険がきっかけです。

損保
生保
乗合、、、と
日本の保険業界の変遷と共に。

当社の会員さま皆様は
当然ながら
保険の適正化は済ませていらっしゃるので
私の中では

保険の見直し業務は
当然過ぎて。といった感覚。

今では
色んな会社を組み合わせることも普通になった時代。
FPでなくてもOK。

保険だけを見てほしい方は
お断りしている状況です。正直。
私でなくても大丈夫だろうと。

ところが。
見直しの見直し。が必要な時代なのだ。
と昨今痛感します。

色んな保険会社を組み合わせて設計して貰ったからとて
はてさて???
一体、この根拠は???
といった内容に遭遇すること散見。

もちろん
様々な見解があるので
正解不正解は無いのだろうけれども

目に余るケースが・・・。

実は本日
以前の設計に見直しが必要となった会員さまから入電。
一緒に
今一度内容を確認し
今後について打ち合わせをしました。

継続的なサポート。
これが大切です。


適切でも
(そもそもそこも違う?事案もあり。そこが問題。ですが。)
時間の経過と共に

自分の環境がかわる
社会がかわる
商品がかわる

こうやって
メンテナンスが必要。
なので
会員制継続サポート。
です。

家計のパーソナル金融経済教育
東京 大手町駅直結

2019年5月7日 6:43 PM | カテゴリー:今日の私感,FP情報 リスクと保険

ページトップへ