小梅ちゃん便り

今日から東京滞在です

 

 

随時

小梅ちゃん便りが到来

スマホをガン見しています

 

今宵の小梅ちゃんも

可愛い(親バカ)

2022年9月26日 9:35 PM | カテゴリー:dogs

小梅ちゃんの学習

 

我が家のリビング

長戸がありまして

テラスから出入りが出来ます

 

いつも

私が出ていくと

玄関で

 

じーーーーーーっと待っているのですが

 

 

長戸が開いていたため

忘れ物を

ひょい、と長戸から入って取りに行きますと

 

小梅ちゃん

えっ!

驚いた様子

 

 

用事を済ませて

戻りますと

 

長戸で

 

じーーーーーーーーーーっと

待っていました

 

 

学習したのね(^^

2022年9月11日 6:55 PM | カテゴリー:dogs

これって、プール?

先般

小梅ちゃんとお散歩していたら

バシャバシャと音がし

振り返ると

 

側溝に入って笑っていた!

 

という話を

家でしたもので

 

ある日

夫が

「今日は、小梅ちゃん、プール入れる!」

と意気込んで

持ってきたのは・・・

 

 

青い大きなバケツ(–;;

 

これって

プール?

 

オシャレ度

ゼロ

なんですけど・・・

 

 

楽しそうに

水を張り

 

どうぞ

抱っこして入れてみると

 

 

こんな感じで

これって

プールというのか?

 

テンション低く

何なら

さっさと

脱出

 

 

 

 

思いの外?

喜ばない小梅ちゃんに

少々

がっかりの夫は

 

「ついでに洗う」

何のついでかわかりませんが

急に

シャンプーし出しまして

 

いくら夏とはいえ

水?

と思いましたが

 

そっとしておきました

 

 

どことなく

ママに助けを求める的な視線

 

リビングへ行くと

また

目で追う小梅ちゃん

 

 

2022夏の出来事でした

2022年8月13日 7:34 AM | カテゴリー:dogs

感謝の想いが、日々募ります_脱走(外出)の巻

7月某日

 

ごくごく普通の水曜日

ママが温めようとしたパンを

すきを狙った

小梅ちゃんが

パクっとかじり

「まぁ!」

と驚くママに

 

「えへっ(^v^)」

 

 

満面の笑みで応える小梅ちゃん

 

こんな普通のある平日

 

外は猛暑

テレワーク・デスクワークに勤しみ

夕方近くになり

お出掛けの準備

 

ガレージに一旦行ったものの

 

あ、

そうだ!

裏庭の

紫陽花を摘もう!

と思いつき

鋏を取りに戻って

 

裏庭へ・・・

 

その時

小梅ちゃんも着いてきていたのでした

今思えば。

 

裏庭へのフェンスは

小梅ちゃんが出られない様に

きちんと閉めて

 

 

 

 

何が起こったかと言いますと

 

ガレージへ往来した際の

表フェンスは開いたまま

 

ですのに

裏フェンスは閉まっている

 

となると

 

小梅ちゃんとしては

ママどこ?

となり

 

 

 

脱走したのです

 

厳密には

外出。

 

 

脱走ではなく(恐らく、本人にその自覚はない)

ママ探し

 

そんなことになっているとは

思いも依らず

呑気に

裏庭から紫陽花を抱え戻りますと

 

 

全開!となったフェンスが視界に入り

そして

小梅ちゃんの姿が無い

 

家の中?

(と見回った気もします、多分)

そして

頭は真っ白

 

 

 

あの時の衝撃は

思い出すだけで足がすくみます

 

サンダルのまま

玄関先から道路へ

「小梅ちゃん! 小梅ちゃん!」

と叫ぶも

姿見当たらず

気がつくと

走り始めていました

 

すると

向こうにいた

小学生軍団が

 

「あの人!飼い主かもしれん!」

 

と叫んでくれて

 

「そやよ!!!!!」

駆け寄るおばちゃん

 

白い犬

ということで

間違いなく小梅ちゃんだろうその犬は

 

「あっちの方へ行ったよ。」

と。

 

「教えて!」

小学生軍団をお供に

駆け巡るおばちゃん

 

炎天下

本来なら、絶対に出ないパワー

無我夢中とはすごいです

 

「こっちに行った気がする!」

と教えてくれた細い道は

田んぼの為の水が

勢いよく流れている用水と並行する小道

 

小道、というよりも

用水の脇、際を歩く様な感じ

 

足を滑らせると

大人でも危険

 

頭はパニックでした

 

その場で

泣き崩れたいという心境でしたが

それよりも

見つけなきゃ、という気持ちが勝って

何とか走り続け

気づけば

足元はサンダル

 

このサンダルだと思い切り走れない

ならば

裸足か?

いや

一旦、家に戻って、完全武装しよう、と

家に向かう

 

すると

冷静な小学生は

 

「見つけたらどうしたらいい?」

 

と尋ねてくれて

そっか、と、はたと気づくも

電話番号を伝えるという

それすら機転が回らぬおばちゃん

 

「家、あそこ!」

と指差し

どっちが子供かわからない会話

 

 

家に戻り

夫に電話

事情を片言で話し

走れるズックに履き替え

リ・スタート

 

 

つい先月の

念願の

富士急ハイランド旅行

終始笑顔だった小梅ちゃん

 

余りに

幸せ過ぎたのは

この出来事が前提だったのか?

などなど

色んなことが頭を駆け巡り

あてもなく

また探し出す

 

 

すると

 

白い外車の窓から

女性が

 

「見つかりましたよ」

声をかけてくださいました

 

車の中からは

犬の声が聞こえ

「小梅ちゃん!」

叫んだ気がします

 

飛び上がらんばかり(多分、飛び上がっていた)の勢いで

「有難うございます!」

と近づくと

 

違う犬

あれ?

 

 

ですが

「先ずは、お乗りください」

と仰ってくださり

よくわからないけれど

その違う犬を抱っこ

助手席に乗せて頂きました

 

車が進む中

ご主人さまが

確保(社会的には「捕獲」が正しいのかしら)してくださっているので

お連れします、とお話しくださり

 

本当に

心から

 

良かった!

 

嬉しかったです

 

 

そして

車が進むと

我が家の前で

 

 

ご主人さまに抱っこされた

 

 

小梅ちゃんっ!!!!!

 

 

車から降りるとき

余りの動揺で

スマホを落としましたが

もう

視線は

小梅ちゃんにロックオン

 

(ただし、小梅ちゃんは、ご主人さまが飼い主、とも見える落ち着き様でした)

 

 

 

「何か御礼をしたいのです」

何度か

申しましたが

「いえいえ、良かったですね」

走り去っていかれたご夫妻

 

 

本当に心から感謝申し上げますm(__)m

 

 

あれから

日々

小梅ちゃんを見つめながら

あぁ

無事で良かった、

ほんとに良かった

 

と噛み締めています

 

 

おまけですが

夫は

私の一報を受けて

同じく

頭が真っ白になり

折り返すも

見つかったという返事もなく

急いで、家に駆けつけてくれていました

 

そのタイミングと

小梅ちゃんが

一足先に家に戻ったタイミングが重なり

家に着くと

小梅ちゃんが

 

この笑顔で出迎えたのでした

 

ある意味

絶妙な?タイミング?

 

「見つかったら、先ずは電話せい。」

若干怒っていましたが

 

いえいえ

本当に

偶然

このタイミングだったもので・・・(^^;;

 

 

普通

って

大事だな、と

本当に痛感です

 

普通の

毎日

 

大切にしましょう

 

 

追記

 

探しまわる私を

逆に探しあてて下さり

小梅ちゃんが

家の前で待っていたのは

小学生軍団の計らいでした

 

後日

インターホンの自動録画に

見つかった!とお知らせに来てくれた

子供たちが映っていてウルン

 

ご夫妻に

あそこの家だよ、と伝えてくれたのだろうと

 

本当に

本当に

有難うございました

 

 

あと

記事を書いていて気づきましたが

 

小梅ちゃんを捜索していたつもりが

結果

 

ママの捜索、となりましたね(^^?

2022年8月10日 4:46 PM | カテゴリー:dogs

アーカイブ視聴期限7/26です🎥

 

会員各位
 
アーカイブアップしました🎥
視聴期限7/26 どうぞお見逃しなく〜〜
 
今回は
冒頭
親バカ溺愛につき
小梅ちゃんの脱走話が長くなりました💦
すみません🐶
 
 
ホント
見つかって良かったです💕

2022年7月20日 7:54 AM | カテゴリー:dogs,オンラインサロン配信案内

憧れのリサガスタウン#1

ずぅ〜〜〜っと念願でした

小梅ちゃんとリサガスタウンに行く、という願い

叶いました(^^!

 

 

以前

東京八重洲バスターミナルで

リサガスラッピングバスに遭遇

何?何??

と調べると

富士急ハイランドへ行く便とのこと

 

そこで

東京滞在中の隙間日程を利用し

ひとりプチ旅行

ひとり遊園地、人生初、でしたが

リサガスタウンが

余りにも可愛くて、楽しくて

大満足の旅でした

 

その時

「いつか、小梅ちゃんと来たいな〜」

と、じぶん約束

 

日はどんどんと流れ

思っているだけでは

実行には移らず

 

そんな時は

先に

日程をブロック!!

 

この6月の最終週

以前より

「小梅ちゃんとリサガスタウンに行く」

と決めました。

 

東京からは

バスの本数も多く

高速であっという間だったのですが

富山発着は

中々の経路

 

夫が

事前にリサーチ

実家の道路のプロ、ドライバーさんにも確認の上

41号線から安房峠ルートに決定。

 

かれこれ6時間近くかかる、という

東京、新幹線2時間の3倍!?とはなりましたが

着いてみると

その長さはすっかり!忘れ

夢の時間を過ごして参りました♬

 

 

 

今回のリサガスタウンの旅は

ママの念願でもあり

もう一つ

小梅ちゃんの、ご褒美旅行でもあります。

 

 

と言いますのも

我が家の長女、プーちゃん(トイプードル)

次女のクロちゃん(ミニチュアシュナウザー)

三女のたぁちゃん(ミニチュアダックス)

皆んな

子宮内膜症、に罹患。

女子は、高齢になり、免疫が落ちてくる年頃になると

何せ、パンツを履いてませんので(^^ 

どうしても、バイ菌の影響を受けて

罹患することが多いらしいです。

ですので

赤ちゃんを産まない、と判断したならば

子宮を摘出。

 

小梅ちゃん、病気で痛いを思いをさせるくらいなら

早めにその判断を。と思って、早8歳。

傷口がなるべく治り易い時期などを、かかりつけの先生と相談

先月、おなかちょきちょき、頑張ったのでした。

 

縫い合わせてある傷口を見ると

何とも胸が痛みましたが

痛くなってから、急いで何かを間に合わせるより

これが良かったのだ、とじぶんに言い聞かせ。

 

先生のお話しでは

これ以上の年齢になると

今度は、麻酔に耐える体力が問題になるとのこと

 

やっぱり

これで良かったんだ、とまた言い聞かせるママ。

 

 

無事に

傷口もしっかり回復。

 

ご褒美旅行が実現したという次第です。

 

2日間

ずっと笑顔の小梅ちゃん。

 

小梅ちゃんが笑っていると

ママも嬉しく

そんなママを見て

小梅ちゃんも嬉しい(^^様子。

 

自分で決めたことを実行する

という

楽しさ。

 

皆さまと共有でした。

 

*抜歯の後、化膿止の塗り薬を塗ってもらう小梅ちゃん

 

2022年6月27日 8:41 AM | カテゴリー:dogs

初VERRUFいみず_小梅ちゃん

予約専用サイトには

予約時

ちょっとしたコメント入力が可能で

 

小梅ちゃん大好き会員さまからのコメントは

with 小梅ちゃん面談

愉快な会員さま

 

 

実は

VERRUFいみずに移ってから(昨年7月)

未だ

VERRUFいみず入りを果たしていなかった小梅ちゃん

 

出掛けるとき

「今日、どうしようかね?」

とお話しすると

 

気づけば

こんな感じ

この姿を見ると

そりぁあ、一緒に行きたくもなる

 

 

ということで

 

初!VERRUFいみず入り 実現

 

 

走り回る

小梅ちゃん

 

暫し、全館確認を終えると

 

いつでも

来てね〜〜

玄関でお出迎え

 

 

可愛いので(親ばか^^;;)

外からも撮ってみました📸

 

 

会員さまとの再会を果たし

喜びのランを繰り返した小梅ちゃん

 

デスクワークに夢中になっていると

何だか静か?

見ますと

 

 

ぐったりすやすやzzz

 

 

 

ほんとに可愛い(溺愛^^;;)

 

 

 

また

機会があれば

出社致します。わん。

 

2022年5月14日 2:27 PM | カテゴリー:dogs

小梅ちゃん

2022年2月14日 8:58 AM | カテゴリー:dogs

小梅ちゃんねる

どうぞ

御贔屓に(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

2021年1月24日 11:38 PM | カテゴリー:dogs

小梅ちゃんねる

こんにちは。まさはしです。

見事
YouTubeチャンネル
登録者数を達成された
会員さま。

皇室アルバム
ならぬ
家族アルバム。

立派な資産形成だなぁ!と・・・

我が家も

小梅ちゃんねる
開設してみました(^^わん。

https://youtu.be/UqB9Ar5wmBU

 

どうぞ
御贔屓にm(_ _)m

 

2021年1月19日 6:11 PM | カテゴリー:dogs

ページトップへ