事例紹介:失業給付金

このコーナーでは、「多くの方に正しい情報が伝わる様に」 という当所の主旨に賛同頂いた相談者さまの承諾の上、事例紹介しています。

 

季節の果物や、

手作りの梅干など、

時折、サプライズ☆な差し入れ下さるk美さん。

 

この度、

長年勤務された職場を離れ、

求職される事のご報告を頂きました。

 

勤務年数等の関係で、

失業給付金のおかげもあり、

当面の生活は支障は無いため、

この機会に、

改めて、ライフプランニングという視点から、

仕事、職種について、根本的にじっくり考える時間に、とお話しをしました。

 

また、基本的に、

一定時間内の勤務であれば、

受給中の失業給付金には影響無い事もお伝えしました。

給付金があるとはいえ、

再就職がいつになるかわからない状態が、

あまり長くなるには、不安が募ります。

そんな折、ご友人から、

「少しでも働けば、一切の失業給付金がもらえなくなる。」

と言われたとの事。

あわや、その言葉通り、

それでは、つなぎ目的の求職活動は控えるべき?と判断しました、との報告を頂きました。

 

【給付金、年金、税金など、様々なお金の事は、

おひとり、おひとり、十人十色、百人百通り、のケースがあります。

なので、きちんと、自分の足で、行政窓口(今回の場合、ハローワーク)へ行って、

ぜひ確認してみて下さい。】

と、お伝えしました。

 

数日後、

k美さんの携帯電池が切れたため、

ハローワークの公衆電話から速報。

検討しておられた、

短時間でのつなぎパートについては、

給付金の減額など、何ら影響無いとの結果でした。

 

助言、進言下さったご友人も、

決して嘘を伝えようとされたわけではないのですが、

前述の通り、お金については、

おひとり、おひとり、十人十色、百人百通り、のケースがある。

という事をふまえ、

最終決定は、必ず、自分の耳、足、を使い、

自己責任で確認される事が大切、と改めて確信した事例でした。

2014年4月10日 6:32 PM | カテゴリー:事例紹介

ページトップへ