263万円の差額

こんにちは。まさはしです。

昨日
新米パパになった従兄弟の子とお話をする機会があり
色々とお金のお話を。

iDecoの話題も上がったので

するか?しないか?

の次に

何処で?
何を選ぶか?

も大切だよvと。

外枠を選んだ時点で
その枠の中にある
ツールは決められています。

例えば

30歳から初めて60歳までの30年間。
360ヶ月。

外枠使用料がゼロ
のところもあれば
数百円課金もあります。

中のツール。

手数料が0.2%以下もあれば
今、私の手元にある、とある金融機関のラインナップ
最高値で1.6%のものもあります。

一般のサラリーマンで
月2.3万円の設定をすると
60歳までの
掛金総額 828万円。

結果
年平均3%の運用が適ったとし

前者0.2% の運用益は 462万円。
後者1.6% では 199万円。

その差 263万円です。

通常 263万円の差額があれば
相当な 品質、サービス、クォリティーの違いがあります。

この場合
どちらも
設定をして、ただ継続するだけ。

若い世代ほど
しっかりと選ぶ必要があります。

どうぞ門戸を叩いて下さい。

#家計のパーソナル金融経済教育
#東京大手町駅直結


2019年7月18日 3:50 PM | カテゴリー:FP情報 運用

コメント

コメントをおよせください。

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページトップへ